トイレの水漏れの初期対応

トイレには、水の供給が欠かせません。水の力を使い流しますし、同時に洗浄もします。節水型も出てきていますが、水が漏れると被害は大きくなるため、供給を止めて被害の拡大を抑えることから修理の方法を考えるといいでしょう。

■トイレの水漏れの初期対応

トイレは使った分だけ水を供給するのが仕組みです。最近のタンクレスでは、水道管の水圧を利用して流すタイプも出てきました。仕組みは違いますが、どんどんと供給されたら、漏れてくる水も止まりません。修理をするにしても、圧力がかかり吹き上がる状況では手がさせませんし、専門業者を依頼しても到着までに流れたままです。そこで、水の供給を根本的に止める必要が出てきますが、だれでもできるのが元栓を締めることです。
ライフラインとして水は外部から供給されるため、元栓を締めれば家庭内の水の供給がストップします。元栓を締めさえすれば、タンクや便器の内部に蓄えられた量以上は漏れないことになるのです。焦らず供給を絶つのが、被害拡大を抑える第一歩です。

■止水栓を締めてみる

トイレの場合には、止水栓が取り付けられているケースがあります。タンクや本体に水道管から供給されますが、その間に止水栓が取り付けられ、作業しやすい環境を作る工夫がされているからです。この止水栓を締めれば、元栓を締めなくても供給を絶てます。いろいろな形状のものがありますが、道具を使わずに締められる物から、マイナスドライバーなど道具が必要なものまでさまざまです。普段何も問題がないときに、どんな方法で閉められるのか確認しておけば安心です。

■まとめ
水を止めれば、専門業者に依頼するまでの時間も被害が広がりにくくなります。その間に流れた水の処理も可能です。自分でトイレ 水漏れの修理する際にも、安全の確保につながるため、日常からどこに元栓や止水栓があるのか確認しておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ