トイレの水漏れの中でも電気を使うウォシュレットの注意

日常的にトイレで使われるようになったのが、ウォシュレットです。かなり歴史の長いものになり、多くの家庭で見かけるほど浸透しました。便利で快適ですが、どうしても構造が複雑な家電製品であり、ウォシュレット 水漏れするケースも考えておかなければいけません。

■メンテナンスもしやすい

ウォシュレットは、内部に水を貯めこみ、電気の力を使って吹き出す仕組みです。
水回りの製品は、接続部品を少なくすれば、それだけ水漏れしやすい箇所が減ります。
ウォシュレットは家電製品のひとつであり、どうしてもさまざまな部品が必要で構造も細かく作られており、劣化してくれば水漏れを起こすのは理解しなければいけません。
メンテナンスがしやすく作られており、素人でも部品の交換ができる場所もあります。水漏れする場所として、内部のタンクや水道管の接続部分などがあり、ある程度は原因を絞り込める製品です。パッキンを交換すれば直る場合もあり、有名メーカーであることからウォシュレットは部品も手に入れやすいのも使い勝手の良い部分です。

■電気を使うウォシュレットの危険性

トイレの水漏れの中でも、ウォシュレットは家電製品なのが重要です。水回りの中でも照明をのぞけば電気を使いません。水圧などを利用するためで、別の動力を必要としないからです。
ウォシュレットは電気の力が必要です。水漏れをしたときには、コンセントにかかっていないことを確認し、電気を外してから修理しなければ感電する恐れが出てきます。水とは違い、見た目ではわからないのが電気です。非常に危険性が高いため、コンセントに届かないときや、水がかかったときには、ブレーカーを落としてから修理も考えなければいけません。

■まとめ
メンテナンスしやすいようにウォシュレットは作られていますが、すべての部品がわかりやすいわけではありません。家電製品として故障個所がわからないときは、専門知識が必要になるため、購入した業者や工事を専門としている業者での修理が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ