タンクの水漏れからトイレの交換も視野に

水を大量に使うトイレでは、タンクから水漏れを起こすケースがあります。大量の水が流れ出てしまう場合もありますし、ちょろちょろと便器の中に流れ出ている場合も使ってもいない水道代を請求されるなどの問題を発生させます。水をためているからこそ、劣化が進んだときには交換も考えてみるといいでしょう。

■いろいろな部品が使われるタンク

トイレのタンクには、大量の水を貯えます。わずかに漏れてくることもありますが、流れ出てくれば被害は大きなものになる可能性が考えられます。原因の多くは、タンクに使われる接続部品です。一体構造で作れば接続する部分で漏れませんが、給水管も便器につながる部分も別の構造で、製品を作る際に一体にして作るわけにいきません。そこで、パッキンを挟み漏れないようにしていますが、劣化して機能しなくなるとどうしても漏れだします。
パッキンは交換すれば直りますが、あまりに繰り返すようであれば、専門業者に点検してもらうのが大切です。簡単に修理ができると思っても、実は劣化が進みうまくいっていない場合もあるからです。微妙な隙間でも水は漏れてくるのを忘れてはいけません。

■修理が続くならトイレの交換も視野に

トイレは、陶器で作られるため、ひび割れでもしなければ、製品としては使い続けられます。接続部分はどうしても力がかかりやすく、すり減ったり劣化する場合も考えなければいけません。接続部で使われる金属パーツ自体が劣化や破損すれば、修理はどんどんと難しくなります。水漏れも止まらなくなるため、根本的な交換も必要です。
1か所で劣化が見られると、他の部分でも同様の状況が出てきます。新品になれば劣化の心配もいりませんし、部品を交換する場合にもメーカーからの供給を期待できます。古いものは生産も終わる場合があり、部品が手に入らず修理できない場合もあるからです。性能も進化し、水道代も抑えられるため、使い始めて10年程度でトイレの交換を検討しておくのも方法です。

■まとめ
部品は自然と劣化していきます。陶器は耐用年数の長さが取り柄ですが、他の部品は双は生きません。タンクの内部などはいろいろな部品も使われていますので、修理が続くときには思い切って交換時期と考えてみるといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ